フィジーウォーターで美容や健康に効果が期待出来るのはシリカという成分だという話しをしましたが、

 

 

「もっと詳しく知りたい」

 

 

という声があったので、新しくシリカについて追記することにしました。

 

 

シリカってそもそも何?

 

シリカが凄いのはわかったけど、

 

 

「そもそも何なのよ!!」

 

 

なんて思った人もいるのではないでしょうか?

 

 

少し言うと、シリカはケイ素のことです。

 

 

ケイ素??

 

 

って感じかもしれませんが、このケイ素(シリカ)っていうのは、骨やら爪やら、血管やら細胞壁やら人間のあらゆるところに含まれている成分なんです。

 

 

だからこそ、健康や美容に効果があるとされていて、医学の分野でもすでに注目されていて、使用され初めているようです。

 

と、

 

効果や効能といったところは次のところで触れるので、一旦おいておきます。

 

 

シリカ(ケイ素)は、どうやら元素の一つだそうです。

 

このケイ素は何と日本でも酸素の次に多い成分で、土や岩に含まれるミネラルの一種です。

 

 

何かこう考えると色んな妄想が広がりませんか?ww

 

(と少しそれましたが)、このケイ素は別名シリコンとも呼ばれています。

 

 

「ん、シリコン?」

 

 

そう、聞いたことありますよね?

 

 

少し流行りは終わってきましたが、ノンシリコンシャンプーなどで馴染みのある、これらのシリコン製品はケイ素と他の化合物が組み合わさったもので、正しい呼び名はシリコーンなどと言われます。

 

 

これからもっと奥深いことを話していきます。

 

 

ケイ素(シリカ)はこうやって出来ていった?ケイ素の歴史!

 

ケイ素はミネラルの一種だと話しましたが、ミネラルは鉱物です。

 

 

鉱物っていうと、理科?いや違いますね、地理?違う・・・え・・・すいませんバカなので忘れました。笑

 

で習った時に出てきましたよね。

 

 

その鉱物は、ふる〜く昔からの微生物とかプランクトンとかち〜っさい生物(藻類)が海の底や土壌に堆積して、時間をかけて化石になって出来たものです。

 

 

その中でも珪藻、(お、やっとケイ素の匂いがしてきたぞ!!笑)と呼ばれる植物性のプランクトンが化石になっていき、それらの鉱物は中でも美しく、今となっては、高価なものが多いです。

 

 

例えば、トルマリンとかブラックシリカなどです。

 

 

めちゃキレイですね・・・デヴィ夫人のイメージです。笑

 

 

特に優秀で、純度が高く99%以上のものが水晶です。

 

 

でも水晶までいかなくてもトルマリンなんかの何かしら効能があって人気なものは95%以上の比率で、ケイ素を含んでいるようです。

 

 

そして一番伝えたかったのが、

 

 

水晶!!

 

ケイ素の99%以上の純度を持っているのですが、何かしらパワーがある的な話や、雑誌の後ろの方に、あやしげに高額な商品ありますよね???

 

 

まあ、そういう怪しげなものを抜きにしても、水晶の良く言われるパワーって、これだけケイ素を含んでいるなら、あながち嘘でもないような気がしますね。

 

 

ケイ素はまさに自然界全てに必要な栄養素!

 

こんなケイ素ですが、さっきまでで話したように土や、岩といった大地を形成しているものです。

 

 

このケイ素を含んだ大地に、植物が植えられているのですが、植物は根からこのケイ素をどんどん吸収しています。

 

結果、植物繊維もこのケイ素が多く含まれますし、それを動物が食べることで、私たち人間も吸収します。

 

 

もはや日常的に、私たちはケイ素なしでは生きていけないような環境で生きてるってことですね!!